なにわ文楽ふぁん倶楽部ほ〜む頁 Naniwa Bunraku Fan Club HomPage
http://www.aimopro.com/BunrakuF.html
背景:「曲輪文章」扇屋夕霧打掛・表裏

ほ〜む頁 HomePage


  明石六郎 画

ほ〜む頁
HomePage



文楽鑑賞会α
公演物語解説
文楽劇場
Web頁開設24年

謹賀新年









国立文楽劇場
大阪市中央区日本橋1-12-10  tel 06-6212-2531
地下鉄・近鉄「日本橋」7番出口より東へ徒歩1分
劇場正面入り口は建物南側・楽屋口は西側です



なにわ文楽ふぁん倶楽部
2019年 初春文楽公演 鑑賞会

物語解説 〜 公演鑑賞 〜 楽屋訪問

オリジナル解説書 付
公演プログラム・イヤホンガイドの割引券付
参加費には1等席一般観劇券が含まれます
不思議なことに、これだけ特典がついてまだ定価より安い
参加費 ¥ 5600

扇屋 夕霧

本倶楽部では一般1等席のみ取り扱います
割引券等で鑑賞会に参加される方はご相談ください

申込〆切:鑑賞日の10日前
1 4日 () 10:00 楽屋口集合  11:00より 1 鑑賞(5席満席)
1 21日 () 15:00 楽屋口集合  16:00より 2 鑑賞(残 8 席)
1 26日 () 10:00 楽屋口集合  11:00より 1 鑑賞(残 6 席)
*** 物語解説 ご案内 *** 明石六郎
*** 楽屋訪問 ***

人形遣い (人間国宝) 吉田和生さんを尋ねます
楽屋訪問は撮影可能です
鑑賞会以外の日でも上記割引料金でチケット購入ができます
申込〆切日をすぎて、公演日直前でもチケットがとれる場合があります
それぞれお問い合わせください
主催:なにわ文楽ふぁん倶楽部
お申込み・お問合せ

tel 06-6782-3566
東大阪市御厨中1-18-38 <地図
明石六郎
tel 090-7552-7394

ほ〜む頁開設より 24年!!

 1996年2月10日、OichNI というタイトルでホームページが開設されました。内容は『文楽ふぁんの館』『詰将棋劇場』『ネパールへの架け橋』
 文楽鑑賞会は1980年頃から続けていました。1990年ごろから人形遣い人間国宝の吉田文雀さんの楽屋を訪問するようになり、吉田和生さんからいろいろ教えていただきました。ほ〜む頁開設を機に、カメラマン同伴で舞台稽古も撮影させていただき、ほ〜む頁にも反映しました。その後様々な変更や中断の期間も何とかのりこえ、現在に至っています
 吉田文雀師匠が亡くなり、弟子の吉田和生さんが人間国宝…時代は移りますが…
これからもご愛顧をよろしくお願いいたします           

明石六郎    


寿式三番叟 翁
頁制作1996.2.10  更新 2019年 11月
頁制作・デザイン・イラスト・画像処理:明石六郎
Page designed by Rokuro Akashi
Constructed by / Coppy right _ AIMO Production Ltd.
制作
著作権

HomePage