「椿姫」より「乾杯」見本頁